現実の通貨と仮想通貨とはどっちがお得なの?

現金と仮想通貨の違いとは

仮想通貨とは実際のお金である現金と違って貨幣や紙幣といった実物がある訳ではなく、デジタル通貨です。現金のように特定の国が管理している物ではないので、世界中の人達で管理されて運用されます。仮想通貨は使える国を問わないのでどこでも使える世界共通の通貨でもあります。
仮想通貨の管理は現金と違って頂点に立って管理する管理者が存在せず全ての人が同じ対等な立場で管理されています。
一方で現金は特定の国が発行して管理する通貨で仮想通貨と違って貨幣や紙幣といった実物が存在する通貨です。現金は国が管理していてその通貨を使えるのはその国でだけになります。そのため特定の国の現金を持って他の国に行く時は通貨を交換しなくてはいけません。

仮想通貨と現金のそれぞれのメリットとデメリット

仮想通貨のメリットは世界共通で使用できるので、通貨を両替する必要がありません。送金も現金より早くて手数料が安く、セキュリティーの面でもクレジットカードのように秘密情報を送信する必要がないので情報漏洩の心配がありません。デメリットは国が管理しているものではないので、何が起きたとしても国家が補償してくれるものではありません。また投機的な側面が強く一日の間で価値が半分以下になるような暴落が起きる可能性があるので、現金と比較すると価値の保存には向きません。
現金のメリットは国が責任を持って管理しているので、問題が発生した時は補償されます。デメリットは世界中で使える訳ではないので、他の国に行って使う時は両替が必要になります。また仮想通貨と比べると送金の手数料が高いのと送金に時間がかかってしまいます。

© Copyright Best Virtual Currency. All Rights Reserved.