仮想通貨は安全なの?

仮想通貨には種類があるってホント?

仮想通貨として広く知られているものだけでなく、まだ無名の仮想通貨まで入れると既に数千種類にも達しています。法定通貨とは異なり、紙幣や硬貨といった形で存在しない仮想通貨は、ある日突然盗まれていたり消失してしまうリスクがあると考えがちです。仮想通貨の中には、マイニングや取引により得るタイプだけでなく、ペッグ通貨と呼ばれる法定通貨との等価交換を前提とした仮想通貨も存在します。僅かな手数料で国際送金を行いたいといった場合には、投機目的ではないために相場の変動が少ない方が良いわけです。法定通貨に価値が裏打ちされているペッグ通貨ならば、安全性が高いと考えられるでしょう。マイニングや取引により価値が決まるタイプの仮想通貨は、相場の乱高下が激しいので仮想通貨としての安全性よりも投機目的に合った仮想通貨といえます。

保管方法に注意して仮想通貨を選べば安全です

仮想通貨の売買は、取引所を通じて行う方法が一般的です。取引所に開設した口座経由で売買を行いますが、仮想通貨を扱う際にはウォレットが必要となり、ウォレットを取引所に設置するのか自分のPCに設置するという2つの違いが生まれます。取引所に設置されたウォレットを使用する際には、売買を繰り返す度に自分のPC内ウォレットから取引所のウォレットへ移動させる手間が無いので、移動に伴う送金手数料が不要となるメリットがあります。しかし、取引所に対して不正アクセスが発生した場合には、仮想通貨が消失するリスクがあると知っておかなければなりません。自分のPC内に設置したウォレットならば、外部メモリーへハードバックアップを取得出来るので、不正アクセスによる消失を防げます。

© Copyright Best Virtual Currency. All Rights Reserved.