ビットコインの仕組みがわからない。

良く聞くけど分かりにくいビットコインとは?

登場以来、異常な高騰を続け、数多くの成金が出て話題になっているビットコイン。しかし、その仕組みを知っている方は意外と少ないのではないでしょうか。今回は、ビットコイン、仮想通貨とは何かということを紹介します。
ビットコインは仮想通貨の通貨の1つです。仮想通貨は、普段皆さんが使用している通貨と異なり、中央銀行や国が管理することなくインターネットで専門の取引所を使い不特定多数の人が円やドルなどで売買することが出来る通貨です。
また仮想通貨は、通常の通貨と違い、管理しているコンピューターが世界中に分散しているため、たとえ1つのコンピューターが何らかのトラブルで使えなくても通貨のやり取りは行えます。そのため、セキュリティの面でも通常の通貨と比べて安全性が高いといえるでしょう。
更に、ビットコインは1000円単位から小口で購入でき、手軽に始められるという点も特徴です。

仮想通貨は使える?法律ではどういう扱い?

では、仮想通貨はどういった使い方が出来るのでしょうか?たとえば、あなたがオークションで買う際に通貨として使うことが出来ます。他にも、何かを店で買う際の通貨として電子通貨と同じ使い方ができ、高くなったら売って安くなったら買うといったFXのような取引も出来る非常に多くの使い道が出来る通貨です。
2016年5月に仮想通貨法が国会で可決され、2017年4月から施行されることになっています。そこでは、仮想通貨は支払い手段の一つと定義され、資産の一部と定義付けられています。また、仮想通貨間の売買取引は2017年7月から消費税が非課税となりました。しかし、仮想通貨を用いて収入を得た場合は雑所得として扱われます。これは、所得に応じて支払わなければならない税金が上がってしまう累進課税が適用されるため、注意が必要です。

© Copyright Best Virtual Currency. All Rights Reserved.